【鹿児島ジャズフェスティバル2020 ONLINE|ご報告と御礼】

全世界が共通の困難と向き合うことになった2020年。鹿児島ジャズフェスティバルは、多くのイベントの中止・延期のニュースを受けながら、第4回目となる今年の開催概要について協議を重ね、感染症拡大防止の観点から、無観客・オンラインライブ配信で開催することを決定しました。
ライブ配信でのジャズフェスティバルという前例のほとんどない取り組みにも関わらず、たくさんの企業・個人の皆様からご協賛をいただきまして、多大なるご協力にこの場を借りて心より御礼申し上げます。
鹿児島ジャズフェスティバル2020オンラインは、9月12日と13日の2日間、YouTubeにて無料のリアルタイムライブ配信を行い、これまでに37,000回以上再生されています。
会場は、鹿児島と東京に2つ準備し、感染対策を徹底した上で、九州のアーティストは鹿児島に、関東のアーティストは東京のステージに集結しました。それぞれの会場から交互に配信するという内容をベースに、両会場を同時につなぎ「TSUNGARU〜つながる〜」ステージとして遠隔セッションのプログラムを作るなど、これまでに前例のないチャレンジングな内容で、多くの方々に希望とエネルギーを伝えることができたと感じています。
応援してくださいましたスポンサーのみなさま、サポーターのみなさま、ご視聴くださいましたみなさまに心より御礼申し上げます。

現時点では、来年の開催概要についてお知らせできる段階ではありませんが、鹿児島ジャズフェスティバルは、これからも「音楽の息づく街、かごしまへ。」という初志を忘れることなく、鹿児島とジャズの未来のため、しなやかに成長していきたいと考えています。
今後とも、変わらぬ温かい応援をいただけますと幸いです。

 
dsc00491.jpg dsc00228_1.jpg dsc00228.jpg _mg-56.jpg dsc00265.jpg dsc00159.jpg _mg-44.jpg dsc00006.jpg dsc00497.jpg dsc00331.jpg _mg-39.jpg dsc00328.jpg dsc00143.jpg dsc00035.jpg dsc00070.jpg _mg-46.jpg _mg-29.jpg _mg-55.jpg _mg-62.jpg dsc00224.jpg dsc00113.jpg _mg-65.jpg _mg-25.jpg _mg-30_2.jpg dsc00100.jpg _mg-20.jpg img_0991.jpg img_0998.jpg img_1026.jpg dsc00134.jpg _mg-28_2.jpg  
   

 


 
 
 

福崎麗子
岡村哲弘|玉利ヨシエ|柳元隆
馬場俊孝|濱田酒造株式会社|古川賢子
伊東徹|黒松敦子|HOTEL&RESIDENCE南洲館|ホテルニューニシノ
松元良範|ワタナベ空調
上野美鈴|鶴芳尚|日置史郎|洋菓子店konohana
有田和徳|市田佳朗|IL FELICE|宇治野美幸|後夷大輔|Office ISHIN|輝く羽西綾|Cocktail cre8 ゆらぎ
喜田めぐみ|公認会計士 堀下聖仁|城本和明|白石純一|新小田幸代|高田俊成|高橋貞治|瀧清一
天文館カフェ|
中間かおる|樋口康一|久野清志|長島憲吾|永田知一|橋口高明|福薗豊二|ほりきり整骨院
森田孝一郎|もりよしこ|山岡連子|山形屋|山口幸太郎

音楽の息づく街、鹿児島から世界へ
 

2017年に誕生した鹿児島ジャズフェスティバルは、第3回目を迎えた昨年、予想を大きく上回る67,000人の動員を記録し、様々なメディアや口コミによって、「本物にこだわった国内屈指のビッグ・フェス」として成長を遂げてきました。
ジャズという音楽の特筆すべき特徴は、即興で組み上げられるアンサンブル。ジャズシーンの日常では、アーティストたちは、毎晩違う場所で、毎晩違うメンバーと、即興演奏で音楽を創造しています。共演者の紡ぐ音、オーディエンスの空気感、会場の雰囲気、その場の全てがインスピレーションとなり、二度と再現することのできない音楽に生まれ変わる。それがジャズという音楽のシーンの日常であり、最大の醍醐味です。
私たちが目指すのは、そんなジャズシーンの日常を切り取って濃縮させたようなフェスティバル。そのために、私たちはグループ単位のブッキングではなく、リアルなジャズシーンで活躍するジャズ界のトップアーティストへ個別に出演オファーをしています。そして、ジャズに詳しくなくても、ジャズ通でも、誰もがオーセンティックなジャズを楽しめるように考え抜いた様々な組み合わせを作り、ここでしか聞くことのできない魅力的なステージを提供しています。
音楽はいつの時代も人々の生活のそばにあり、人々に希望を与え続けてきました。新型コロナウイルスの影響を受け、従来の野外フェスティバル形式での開催は断念しましたが、このような時代だからこそ音楽を届ける意義を強く感じ、オンラインでの開催を決意しました。
鹿児島ジャズフェスティバルは、今後も国内最大級のオーセンティックなジャズフェスティバルとして、様々な状況にしなやかに対応しながら、世界に向けて音楽の持つ大きなエネルギーと、鹿児島の魅力と、そして希望を届けられるよう努力して参ります。

   

 


オーセンティックなジャズにこだわった、国内唯一のビッグ・フェス
 

「オーセンティックなジャズへのこだわりと鹿児島への深い愛情を糧に、更なる発展を遂げた大注目のビッグ・フェス」

- ジャズ ジャパン - (音楽誌全国版)
 

リアルなジャズシーンで活躍しているアーティストのみが集結する「鹿児島ジャズフェスティバル」
ジャズ以外の音楽を内包するジャズフェスが増える中、鹿児島ジャズフェスティバルは、オーセンティックなジャズにこだわって開催されている国内唯一のビッグ・フェスとして、日本ジャズシーンにおいて注目を集めています。
国内外で活躍する、押しも押されぬジャズのエキスパートたちが、配信用に準備された「鹿児島会場」と「東京会場」に集まり、様々な組み合わせで熱いステージをお届けします。


TAYLOR EIGSTI
テイラー・アイグスティ
 

かつて神童と呼ばれ、その圧倒的な実力で天才の名をほしいままにするピアニスト、テイラー・アイグスティ。8歳でデイヴ・ブルーベック、クリス・ボッティ、ジョシュア・レッドマンとの共演でステージデビュー、14歳でCDデビューを果たし、2006年にはグラミー賞2部門にノミネートされる。これまでリーダーアルバムを7枚、50枚を超えるアルバムにサポートメンバーとして参加している。グレッチェン・パーラト、ケンドリック・スコット、エリック・ハーランド、ウォルター・スミスⅢ等とのレコーディングやワールドツアーでも知られる。 この数年は、クリス・ボッティとともにテレビ番組「GREAT PERFORMANCE」にも出演。2020年には8枚目となるアルバムをGSIレコードよりリリース予定である。 現代ジャズシーンの紛れもないトップアーティストのひとりとしてワールドワイドに活躍するアメリカジャズ界が誇る若手ピアニスト。

   
   

 


鹿児島と音楽を愛する皆さまと共に

 
鹿児島ジャズフェスティバルは、オーセンティックなジャズにこだわったアーティストラインナップと、ここでしか聞けない組み合わせという、稀少かつ価値あるステージを、スポンサーとサポーターの皆さまの協力のもと、入場無料にて開催してきました。
今年は、世界中どこからでも、無料で視聴することができるオンラインフェスティバルとして開催いたします。
音楽の力と明るい未来を信じる皆さまと共に。
 
※情報は随時更新いたします。  

 
鹿児島と音楽を愛する皆さまと共に

 
鹿児島ジャズフェスティバルは、オーセンティックなジャズにこだわったアーティストラインナップと、ここでしか聞けない組み合わせという、稀少かつ価値あるステージを、スポンサーとサポーターの皆さまの協力のもと、入場無料にて開催してきました。
今年は、世界中どこからでも、無料で視聴することができるオンラインフェスティバルとして開催いたします。
音楽の力と明るい未来を信じる皆さまと共に。
 
※情報は随時更新いたします。  

 



   

 


Here There Everywhere
 
素晴らしいアーティストに加え、どこにもない個性的な「組み合わせ」が鹿児島ジャズフェスティバルのもうひとつの魅力です。ジャズシーンで活躍する実力派のアーティストが、普段見ることのできない様々な組み合わせで各ステージに次々と登場します。舞台上で初めましての挨拶を交わすシーンも。
ジャズの醍醐味、即興のアンサンブルが生み出すビビッドなエネルギーは、音楽の境界線を超えて人々を魅了します。
鹿児島会場と東京会場からお届けする熱いステージの他、最新技術を使った遠隔コラボレーションステージなど、世界中どこからでも楽しめる、見どころ満載のライブ配信をお届けします。
 

 
 
 

 
 
 
   
   

 


 
 
 
 

HOME

鹿児島ジャズフェスティバル実行委員会
委員長|松本圭使 副委員長|瀧あいか アドバイザー|森田孝一郎
委員|桑原林太郎 上妻正男 西野友季子 西元大作 野井倉博史 萩原総一郎 橋口真由美 古川雅子
〒892-0833 鹿児島市松原町2-7 B1F
tel|099-297-5859 fax|099-833-3590 mail|mail@kagoshimajazzfestival.com